Home > 指導方針・指導システム > 指導方針/指導目的
年6回、2ヶ月ごとにクラスがえ を実施し、すべての科目で自分の学力レベルに合ったクラスで勉強し、 授業の完全消化 をめざしています。
小学生を算国合計、中学生を英数国合計の成績でクラス分けせず、各科目それぞれで能力別にクラス編成します。
上のクラスに上がることが生徒にとっての身近な目標となり、刺激にもなっています。
小学生では、中学入試の合格指導。
 ●四谷大塚のスケジュールで、四谷大塚の予習シリーズを使っての中学入試合格をめざした指導を行っています。
 →2014~2016年度中学入試結果

中学生では、入試合格指導と学校の内申書アップ指導。

 ●中学生の中間・期末テスト、時には学校の教科書、ワーク、プリントでの勉強が終わった学校の教科書準拠プリントを実施し、内申の向上をはかります。
 ◎無駄のない完璧な受験指導によって多数の合格者を出してきました。
 →2014~2016年度高校入試結果

小学生の教材は、四谷大塚の予習シリーズを使用。
中学生の教材は、内容の濃い当会作成の教材と指定教材を使用しています。
進度・生徒の定着度をみはからいながら、硬直化しないよう最善の努力をはらって使用しています。
 ●40余年の実績のもとでの膨大なプリントなどを、現在の入試に合わせて、質・量とも的確に把握し、
 作成されたプリント教材で補完しています。